シミの種類

こんにちは!

美容大好きアラサー女子のChicaco(@beautyishealth_official)です。

  

気になるシミをどうにかしたい!!

そんなとき、みなさんはどうされますか?

今すぐ高い化粧日を買いますか?
それとも美容クリニックへ通いますか?

シミをどうにかしたい!と思ったら、まずはしみについて知ることが大切です。

そもそもシミって?というところから知りたい方は、こちらで詳しく書いておりますのでぜひチェックしてください!

  

4種類のシミと効果的な対策

  

シミとは、淡褐色や暗褐色の色素斑のことを言います。

  

実はシミには4種類あり、化粧品でシミ対策ができるもの、クリニックでしか対策できないものとあります。

シミのタイプを見分けて、効果的なケアをする必要があります。

  

4種類あるシミのできる原因や効果的な対策をこちらで紹介していきたいと思います。

  

老人性色素斑(日光性黒子)

老人性色素斑(日光性黒子)

大体丸い形をした、薄い茶色ものから、黒く濃いものもあります。

  

紫外線の影響や、肌の老化により、メラニンが蓄積されてできるのが原因です。

これは、シミの中でも最も多いタイプのシミになります。

  

こちらのシミは、まだでき始めの薄いシミには美白化粧品でケアが可能です。

日中も、日焼け止めや日傘を使用して紫外線対策をする必要があります。

  

しかし、黒く濃いシミになってしまっている場合は、美白化粧品では消すことはできないので、美容クリニックなのでレーザー治療することが必要になってきます。

  

雀卵斑(そばかす)

そばかす

小さい点々のような薄い茶色のシミの一種で、そばかすのことをいいます。

  

そばかすメイクというそばかすを描いておしゃれを楽しむ方もいますが、ずっとある方はコンプレックスに感じてしまうこともありますようね。

  

最近海外では、フレークスフェイス(そばかす肌)といって、隠さずに自分らしさを生かした自然体な肌として注目されてもいます。

  

そばかすは、遺伝的な要因でできており、基本的には薄い茶色ではありますが、紫外線の影響で濃くなってしまうこともあります。

  

日焼け止めや日傘による紫外線対策を行うことは大切ですが、遺伝的な要因でできてしまっているため、美白化粧品の効果が出づらいと言われています。

  

綺麗に消したい場合は、美容クリニックでレーザー治療をすると消えますが、人によっては、再発する可能性は十分にあります。

  

炎症後色素沈着

炎症後色素沈着

赤いものから黒いものまであり、ニキビ跡や虫さされ、火傷跡など炎症が治った後にできるシミのことを言います。

  

ニキビをつぶしたり、虫刺されを搔きむしったりすると、このタイプのシミができやすいように思います。(筆者経験談より)

  

しかし、このタイプのシミには、美白化粧品が効果があります!!!

   

ただし、気合を入れすぎてゴシゴシと洗顔をしたり、コットンで肌に摩擦を与えたり肌に刺激を与えすぎてしまうと、その刺激によりメラニン合成を高めてしまう原因にもなるので注意が必要です。

  

紫外線対策をしながら、優しくケアをすることを心がけてください。

  

肝斑(かんぱん)

肝斑(かんぱん)

左右対称にできる、淡褐色や暗褐色のシミ。

  

紫外線による影響や、女性ホルモンのバランスがくずれた際にできることが多いです。

また、更年期や、妊娠中、ピルを服用したときにもできるといわれています。

  

基本的には、紫外線対策をするのが大切です。

そのほかにも、美白化粧品でも効果がありますし、内服薬の「トラネキサム酸」が効果が出やすいです。

   

洗顔時のこすりすぎで発症や悪化をしてしまうこともあるので、こすらないように優しく洗顔する必要もあります。

  

消せるしみと消せないしみの違い まとめ

シミについてご理解いただけましたでしょうか?

ぜひご自身のシミを見極めて、効果的なケアをして綺麗になりましょう💛

  

おすすめの記事